Chairman room
夢に向かって!(03/18)
 春。...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

役員 2017〜
【湾岸シーバスソサエティー本部】
 会 長 萱間 修
 副会長 高橋雅和(東京湾シーバスソサエティー会長)
     佐藤和繁(伊勢湾シーバスソサエティー会長)
     杉本成昭(大阪湾シーバスソサエティー会長)
     吉田実寛(姫路シーバスソサエティー会長)
 顧 問 來田仁成

【東京湾シーバスソサエティー】
 会 長:高橋雅和 
 
【伊勢湾シーバスソサエティー】
 会 長:佐藤和繁 
   
【大阪湾シーバスソサエティー】
 会 長:杉本茂昭

【姫路シーバスソサエティー】
 会 長:吉田実寛
 役 員:塩野憲章・百合園忠


<湾岸シーバスソサエティー会則> 

第1条 名称
 この会は「湾岸シーバスソサエティー」と称す。略称は「WSS」。

第2条 所在地
 全国本部を湾岸シーバスソサエティー会長の住所に置く。
 地域ソサエティーの所在地は各会長の住所に置く。
 
第3条 目的
1.シーバス等釣り技術の健全な発展 
2.釣り場環境の良化 
3.釣り人のマナー向上と釣り場における秩序づくり 
4.釣り人による社会貢献活動の推進 
5.釣りに関連する経済活動の活性化 
6.それらに付随する事業の実施 

第4条 会員
1.会は会員によって組織され、会員の共通目的のために運営される。
2.会員は12才以上とする。
3.会員は会員相互の信頼を築き、個人の尊厳を傷つけてはならない。
4.当会の会則・大会規則に違反する者、当会に不利益を与えた者は、会長の権限により会員資格を失う。
5.会員には会員証を発行する。

第5条 技術交流会
1.技術交流会に参加するためには、安全への知識と姿勢において一定の基準を満たしていることを条件とする。
2.技術交流会では競技規定に従わなければならない。
3.技術交流会およびその予選において事故やトラブルが起きた場合はその大会を即時中止する。

第6条 会費
 会員は別途定める額の会費を支払う。納入した会費は理由の如何を問わず返却しない。

第7条 事業
1.会は第3条の目的を実現するために実行委員会を組織し、各種事業を行なう。
2.各種事業資金確保ために協賛金・広告料・寄付金等を募集し、物品の販売を行なう。
3.本会の事業年度は4月より翌年3月までとする。           

第8条 役員会
 会長は会を代表し運営の全責任を負う。役員は代表者に不測の事態が起こった場合その責任を代行する。

第9条 地域ソサエティー
 本会は第3条の目的を達成するために各地域ソサエティーを組織する。地域ソサエティーは競技規定、開催地、親睦会の開催その他会の運営に関する意見をまとめ、大会運営を行う。
(以上)