Chairman room
ラストイヤーに向けて!(05/10)
...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Report - ■第1回WSS技術交流会 谷山商事CUP東京湾大会 5/20 川崎新堤

ヘッダーナビゲーション

■第1回WSS技術交流会 谷山商事CUP東京湾大会 5/20 川崎新堤2007/05/20

41人で約30バイト、10フィッシュ… 選手ひとりひとりに課題を残した大会だった


 5月20日、川崎新堤にて記念すべき第1回目のWSS技術交流会を開催した。参加者は41名。長八渡船で川崎新堤に上がり選手ミーティングを行なう。今日のエリア、キーパーサイズ、検量の手順、スコアカードの書き方などを確認して、7時30分にスタート。天候は快晴。前々日に前線が通過したが、当日は穏やかだった。満潮は6時30分頃、干潮は14時頃の大潮である。


 1匹目は7時35分、開始早々の報告は小田島裕選手だ。白灯根元の陸向きで1860グラムをゲット。ルアーはシーフラワー25グラム。小田島「先端には大会に参加されていない人がジグをシャクっていたので入れなかった。根元にいる投げ釣りをしている人に、際に落としてもいいですかと声をかけて3投目、赤金に付け換えて1投目です、濁っていたので換えたんですよ、フォールでアタリがあった」


 小田島選手とほぼ同じ時間にヒットしたのは鈴木保彦選手。989グラムを白灯先端で、同じく岸壁ジギングで釣る。ルアーはガン吉30グラムあわびニュージーナチュラル張り。鈴木「とりあえず際に投げていこうと始めて2投目、フォール中です」朝一の先端部岸壁際は狙い目だった。
 7時52分、井上清久選手から33センチ(ノンキーパー)を釣ったと報告あり。SUBARU倉庫前あたりで。


 3匹目は8時5分、会沢明仁選手が1869グラム。SUBARU倉庫正面から左30メートルの位置で外向き。ルアーはこの日初めて使ったというプロトのブレードベイト。18メートル沖、底から20センチ上でヒットしたらしい。


 4匹目は8時50分、高谷友之選手が2209グラムをゲットした。位置は愛宕倉庫前内向き、約10メートル沖、底から1メートル。ブレードベイト29グラムあわびシート緑張り。使い方はリフト&フォール。トップウエイトの魚だ。高谷「今日は潮目を見つけて、ひたすらリフト&フォールをやった。1本バラしたんですが、あきらめずに攻めてよかったです」


 9時5分、中村友厚選手が953グラム。愛宕倉庫前外向き、岸壁から5メートル、底から50センチ、ブレードベイトで釣る。カラーはグリーンゴールドあわび張り。中村「堤防沿いに潮目が出たので、その瞬間に斜めにクロスさせて投げると、パパっと出ました」


 9時40分、原島傑選手が1385グラム。SUBARU前外向き、ルアーは自作ブレードベイト。岸壁から20メートル、底から2メートル。原島「ひたすら遠投してボトムとってシャクってアタったってかんじです」


 9時56分、前場伸介選手が1401グラムをゲット。ルアーはシーフラワー35グラム・イワシカラー。ニッスイ倉庫前の外向きで岸壁ジギング。表層から5メートル、フォールで釣った。前場「朝イチに2本バラしまして……ですが、このやり方を信じてひたすら落としました」


 10時29分、河野剛志選手が1115グラム。ニッスイ倉庫前外向きで。ルアーはシーフラワー25グラム・アジカラー。河野「朝イチは自分は逆に岸ジギをはずして堤防の中央でスピンテールでやったが、とれなかった。9時ぐらいになって岸ジギの方が堤防の中央に来られたので端のスペースが空くようになったので戻った。一人釣られた方がいて、見ていたらそこは風がすごく当たっていていい感じで波が出ていた。しばらく待って同じ場所を攻めたら釣れました」


 11時25分、阿久津智選手が1326グラムをゲット。赤灯の近くで。ルアーはバスデイ・レンジバイブ70Sイワシカラー。底から2メートルでのヒット。阿久津「釣り方はひたすらボトムをとるだけです。トップをやっていましたが反応がなかったもので」
 阿久津選手が最終検量で、これで全体で9匹上がったことになる。バイトの数はその3倍はあったと思われるが、全員が1匹という結果が少々残念。選手ひとりひとりにも課題の残る大会だった。
 その中で一番重量のある2209グラムを釣った高谷選手に、最優秀奨励賞が贈られた。



■第1回技術交流会の記録

高谷友之 2209g(68cm)…最優秀奨励賞 
<タックルデータ>ルアー:ブレードベイト29g・あわび張りチューン/ライン:PE1.5号/リーダー:クレハ・シーガーグランドマックスFX4号/ロッド:エバーグリーン・エクセルキャスター96/リール:シマノ・ツインパワー4000

会沢明仁 1869g(66cm)…2位奨励賞 
<タックルデータ>ルアー:コアマン・パワーブレード緑金/ライン:シマノ・AR-Cエギンガー1.2号/リーダー:クレハ・シーガーグランドマックス6号/ロッド:モンスターリミテッド93/リール:シマノ・07ステラC3000

小田島裕 1860g(65cm)…3位奨励賞 
<タックルデータ>ルアー:マリア・シーフラワー25g・GFR/ライン:クレハ・シーガー100+30の3.5号/ロッド:エバーグリーン・ゼファーマシンガンジャーク/リール:ダイワ・ミリオネア・ベイキャスティングスペシャル103L

前場伸介 1401g(56.5cm) 
<タックルデータ>ルアー:マリア・シーフラワー35g・イワシ/ライン:クレハ・シーガー3.5号/ロッド:バレーヒル・岸壁ジギンギスペシャルGPJ-70SP/リール:シマノ・メタニウムXT

原島 傑 1385g(56cm)
<タックルデータ>ルアー:自作ブレードベイト・イエローヘッドダズラカラー/ライン:バークレイファイアーライン16lb/ロッド:不明/リール:シマノ・ステラ3000

阿久津智 1326g(56cm) 
<タックルデータ>ルアー:バスデイ・レンジバイ70S・イワシ/ライン:PE1.5号/リーダー:フロロ20lb/ロッド:メガバスXOR・R86iL/リール:ダイワ・ルビアス

河野剛志 1115g(54.5cm)
<タックルデータ>ルアー:マリア・シーフラワー25g・BRアジ/ライン:フロロカーボン14lb/ロッド:ARC-69MH/リール:ダイワ・ミリオネアベイキャスティングSP 103L

鈴木保彦  989g(51.5cm)
<タックルデータ>ルアー:アムズ・ガン吉30g(チャートイエローあわび張り)/ライン:バークレイファイヤーライン18 lb /リーダー:クレハシーガーグランドマックス4号/ロッド=:9ft/リール:ダイワセルテート3000

中村友厚 953g(52cm) 
<タックルデータ>ルアー:ブレードベイト/ライン:PE1.2号/リーダー:フロロ25lb/ロッド:シマノ・ゲームAR-C906L/リール:シマノ・ステラC3000
(※長さは参考記録です)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (3968)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録