Chairman room
プレゼント増えました!(03/09)
 お待たせしました!第一弾Tシャツが...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Report - ■湾岸シーバスチャンピオン大会2007 10/28 若洲公園

ヘッダーナビゲーション

■湾岸シーバスチャンピオン大会2007 10/28 若洲公園2007/10/28

シーバス釣りを制したのは、ストラクチャーの釣りではなく、カレントの釣りだった!


 チャンピオン大会は10月28日、東京江東区の若洲公園にて開催。金曜日に発生した台風20号が土曜日に関東地方再接近したものの、あっという間に駆け抜け、日曜日は朝から晴天。吹き返しの風もなく、午前6時の集合時間には参加者全員が会場へと集まった。ミーティングを行なっていよいよ競技開始。6時30分には全員がスタートを切る。
 チャンピオン大会出場者は以下の28選手(スタート順)。稲垣裕介/阿久津智/平中竜児/畑中誠/上河烈史/古澤綜/高松将文/清水俊/中村友厚/会沢明仁/平林峰彦/宮川智道/小田島裕/前場伸介/高谷友之/矢野斉/谷明彦/下田祥寛/中島昌利/原島傑/井田洋次郎/鈴木保彦/森川真志/石田朋久/森大介/佐川洋介/冨直人/河野剛志
 スタートしてしばらくすると、本部の電話が連続で鳴り、審査委員が検量に向かう。


 1匹目の検量は原島傑選手。テトラ帯中央部辺りで自作ブレード米とでナイスサイズ、2516グラム。釣った場所の沖目30メートルぐらいに良い潮目が入っていた。


 次は下田祥寛選手。同じくテトラ帯で2317グラム。ルアーはバリッド90H。
3匹目は平林峰彦選手。釣り桟橋横にある隠れ根を狙って1257グラム。ルアーはスレッジ7。


 平林選手とほぼ同時7時30分に、人工磯エリアで佐川洋介選手が883グラムを釣る。60メートル沖の根を狙って遠投、底狙いという戦略。その30分後にも佐川洋介は同じスポットを狙ってもう1匹、1307グラムを追加。ルアーはブレードベイト。


 釣況はかなり良く、特に朝の時間帯(下げ3分)では、人工磯からテトラ帯の角にかけての南西面〜南東面エリアでシーバスの気配が濃厚だった。台風通過の際に南東方向からの風が吹き付けていたからだろう。その一番の場所、南西面と南東面のちょうど角に入った河野剛志選手は、8時37分と9時30分にキャッチした。1匹目972グラム、2匹目1878グラム。河野選手は他にもバイトを4回ほど取っているがバラしている。プレッシャーが高いのでショートバイトも多いようだ。


 9時、稲垣裕介選手がテトラ角の近くで1861グラムを釣ったが、この時間帯は全体的にはモーニングバイトが終わり食いがやんだ時間帯だった。


 そんな中で、他の選手の狙いとは違って荒川筋を狙った選手がいた。谷明彦選手だ。谷選手は朝からしばらくアタリがなかったが、「シーバスは居ます。もうすぐ釣れるはずなんですけどね」と別にあせる様子を見せなかった。そして谷選手が釣った1匹目は8時32分。まだよい流れが入っているわけではなかったが、とりあえずこの時間に1匹釣って自分の考えに自信が持てた。そして、荒川筋テトラのポイントが活発に食いだしたのは、10時を回った頃である。谷選手が予想した通り、沖の流れの筋が徐々に近づき、シーバスのヒットするラインがいくつか見えた。ルアーを入れてみると、流れの強さや速さがどんどん変化するのがわかる。それの流れを谷選手はミノーやバイブレーションなどプラグ類を使い分けることによって釣ったのだ。2匹目608グラム、3匹目2666グラム、そしてダメ押しの4匹目、2261グラム。10時から11時30分にかけて、30分に1匹の割で釣り上げ、優勝を決めたのである。



 他の選手の活躍にも目を向けると、まず中島昌利選手が10時10分に沖目の深いレンジで471グラム。優勝宣言をしていた井田洋次郎選手は10時15分南東面テトラ帯の端で遠投して1728グラム。矢野斉選手も同時刻テトラ帯で758グラム。10時45分清水俊選手、1357グラム。11時20分畑中誠選手はテトラ帯ポンプ前で774グラム。11時30分井田洋次郎選手の2匹目は1201グラム。同じく11時30分宮川智道選手が611グラム。ヒットルアーはブレードが多い。



 終了の時間は12時30分である。残り1時間を切り、情報を頼りに荒川筋へと移動する選手も見られた。平中竜児選手、高谷友之選手、前場伸介選手も荒川筋でキャッチした。平中選手1634と1295グラム。高谷選手1592グラム。前場選手1376グラム。



 そして、この大会で1位谷明彦選手に劣らないプラグによるストロングパターンをやりぬいた選手がいた。森大介選手である。森選手は「シーバスは必ず目の前に回遊してくると思っていました。そのときに、何を投げれば反応するのか、それだけを考えてずっとやっていました」とインタビューでも答えたように、ラスト1時間をシードライブで釣り、終了直前の11時58分、ビッグシーバスをゲットして一気に2位に躍り出たのである。3キロオーバー! 77センチだった。


■チャンピオン大会の記録

優勝:谷 明彦 7,347g((1812g(61cm)、608g(45cm)、2,666g(73cm)2,261g(65cm))…2007WSSグランドチャンピオン
ルアー:1匹目=フローティングミノー80mm、2匹目=バイブレーション8cm、3匹目=アイマ・キープナイン90S、4匹目=アイマ・ソバット70/ライン:PE1号/リーダー:モアザン20lb/100cm/ロッド:シマノ・AR-Cオシア9.6ft/リール:モアザン3000

2位:森 大介 3,269g(77cm)
ルアー:エバーグリーン・シードライブ(カタクチレッドベリー)/ライン:バークレイ・ファイヤーライン18lb/リーダー:リアルFX5号/ロッド:ゼファー・ストリームマスター9.8ft/リール:トーナメントエアリティー

3位:井田洋次郎 2,929g(1,728g(58cm)、1,201g(54cm))
ルアー:1匹目=コアマン・パワーブレード30g(赤金)、2匹目=ブレードベイト29g黒アワビ/ライン:モアザンセンサー1号/リーダー:フロロカーボン22lb/60cm/ロッド:モアザンブランジーノ87LML/リール:イグジスト3012

3位:平中竜児 2,929g(1,634g(62cm)、1,295g(54cm))
ルアー:1匹目=ラッキークラフト・バリッド90(赤金)、2匹目=コアマン・プロトタイプミノー/ライン:サンライン・キャストアウェイ1号/リーダー:クレハ・シーガーグランドマックス4号/ロッド:エバーグリーン・シーゲイル/リール:セルテート2500

5位:河野剛志 2,850 g(972g(53cm)、1878g(63.5cm))
ルアー:マリア・スピンシャイナー25g(BBH)/ライン:バークレイ・ファイヤーライン1.5号/リーダー:シーガー5号/100cm/ロッド:8.3ft/リール:エアリティー2500

原島 傑 2516g(70cm)
ルアー:自作ブレードベイト(チャートフラッシュダズラ)/ライン:バークレイ・ファイヤーライン1号/リーダー:20lb/30cm/ロッド:9ft/リール:ステラ3000
下田祥寛 2317g(67cm)
ルアー:ラッキークラフト・バリッド 90H(マッディーパーフェクト)/ライン:バークレイ・ファイヤーライン16lb/リーダー:クレハ・グランドマックス FX4lb/100cm/ロッド:エバーグリーンD2S-96/リール:カルディアKIX2500
佐川洋介 2,190g(883g(46cm)、1307g(56cm))
ルアー:スピンテールジグ1oz(オリジナル魚皮貼り)/ライン:シマノ・エギングPE0.8号/リーダー:クレハ・グランドマックス FX3.5号/60cm/ロッド:8ft/リール:セルテート
稲垣裕介 1861g(60cm)
ルアー:バスデイ・レンジバイブ70ES15g/ライン:PE1.2号/リーダー:3号/ロッド:EGゼファー・エクセルキャスター9.6ft/リール:シマノ・ステラ4000
高谷友之 1,592g(59cm)
ルアー:バスデイ・レンジバイブ15g/ライン:PE1.5号/リーダー:20lb/ロッド:プロトタイプ/リール:ツインパワー4000
中島昌利 1471g(56cm)
ルアー:ブレードベイト24g/ライン:PEライン1.2号/リーダー:クレハ・シーガーグランドマックス5号/ロッド:ブランジーノ95ML/リール:イグジスト2508R
前場伸介 1,376g(56cm)
ルアー:ダイワ・カレントマスター9cmアユ/ライン:バークレイ・ファイヤーライン 16lb/リーダー:クレハ・グランドマックスFX4 号/1m/ロッド:エバーグリーン・シーゲイル 8.6ft/リール:シマノ01ステラ3000
清水 俊 1,357g(57cm)
ルアー:ダミキジャパン・プロトブレード(30gニュージーランドアワビ)/ライン:PE1.5号/リーダー:20lb/1m/ロッド:8.6ft/リール:バイオマスター4000
平林峰彦 1257g(52cm)
ルアー:エバーグリーン・スレッジ7(ショーギンアユ)/ライン:PE1.2号/リーダー:フロロ30lb/ロッド:83L/リール:ステラ4000
矢野 斉 758g(48cm)
ルアー:コアマン・パワーブレード(緑金)/ライン:バークレイ・ファイヤーライン1.5号/リーダー:クレハ・グランドマックス 16lb/200cm/ロッド:エクセルキャスター/リール:セルテートRカスタム
畑中 誠 774g(46.5cm)
ルアー:バスデイ・レンジバイブ70ESヌマタンSP/ライン:PE1.5号/リーダー:8号/ロッド:8.8ft/リール:ダイワ・イグジスト3012
宮川智道 611g(41cm)
ルアー:ブレードベイト29gあわびイワシホワイト/ライン:バークレイ・ファイヤーライン1.2号/リーダー:クレハ・グランドマックス5号/40cm/ロッド:ゼファーエクセルキャスター9.6ft/リール:ダイワ・イグジスト2508R   
 (※長さは参考記録です)







<2007チャンピオン大会出場選手>
氏名会員No.成績
1高谷友之004谷山商事 CUP東京湾大会 優勝
2会沢明仁015谷山商事CUP 2位/ピュアフィッシングCUP 3位
3小田島裕010谷山商事CUP 3位/ピュアフィッシングCUP13位
4前場伸介033谷山商事CUP東京湾大会 4位
5原島傑011谷山商事CUP東京湾大会 5位
6阿久津智062谷山商事CUP東京湾大会 6位
7河野剛志087谷山商事CUP東京湾大会 7位
8鈴木保彦042谷山商事CUP東京湾大会 8位
9中村友厚037谷山商事CUP東京湾大会 9位
10冨直人131エバーグ リーンCUP東京湾2nd大会優勝
11後藤史貴133東京湾延長大会1位
12高松将文101東京湾延長大会2位
13清水俊078東京湾延長大会3位/ピュアフィッシングCUP 10位
14平中竜児075ピュアフィッシングCUP大阪湾大会優勝
15宮川智道008ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 2位
16佐川洋介048ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 4位
17古澤綜019ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 5位
18石田朋久064ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 8位
19森川真志146ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 9位
20稲垣裕介158ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 11位
21井田洋次郎128東京湾追 加大会1位
22平林峰彦073東京湾追加大会2位
23畑中誠137東京湾追加大会3位
24上河烈史047ピュアフィッシングCU大阪湾大会 13位
25中島昌利150ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 15位
26森大介038ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 16位
27谷明彦151ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 17位
28下田祥寛125ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 19位
29矢野斉076ピュアフィッシングCUP大阪湾大会 20位
道口宗作選手、大西正人選手、三宅伸豪選手が欠場となりましたのでチャンピオン大会は以上29名にて実施いたしました。

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (4871)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録