Chairman room
元会長はすごいですね!(04/14)
...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Report - 伊勢湾シーバス技術交流会 第1戦 結果報告

ヘッダーナビゲーション

伊勢湾シーバス技術交流会 第1戦 結果報告2017/04/24

コウナゴパターンはどこに行った? 早川由晃選手が初優勝!


開催日:平成28年4月16日(日)
場所:三重県四日市市 四日市一文字堤
航空:▶三重県四日市一文字堤
風向:西北西微風
潮汐:満潮8:02分頃(195㎝)/干潮14:34分頃(34㎝)
参加:24名
審査:3匹長寸・キーパーサイズ40cm
進行:集合3:30、受付4:00、スタート5:15、ストップ9:30、帰着10:00、表彰式10:15〜
大会委員長:佐藤和繁



 2016年4月16日(日)、四日市一文字堤にてWSS伊勢湾ソサエティーの初戦「伊勢湾シーバス技術交流会第1戦」を開催しました。 
 前日にプラに上がった選手に状況を聞くと、バイトすらなく非常に厳しいとのこと。例年ですと、コウナゴが接岸する季節なのですが、コウナゴ漁も2年連続で禁漁となっているため以前のような盛況な状況ではないと危惧していましたが、実際大会当日はどのような状況だったのでしょうか?

 まずはスタート前に選手全員でミーティングを行ない、安全面の確認、競技規定等の説明を行いました。

 当日のフライト(向かって右から左へフライト順)

5 354松下和行 4 495山本敦也 3 445清水聖弘 2 371小山哲生 1 492畑野真司 


10 343柳直樹 9 184藤原邦浩 8 387松本太 7 480早川由晃 6 360大岡清治 
 

15 501村木貴己 14 315山本祥之 13 414伊藤靖 12 409近藤正幸 11 22杉本茂昭    


20 150中島昌利 18 158稲垣裕介 17 479山口貴弘 16 513有井直樹 19 520原田啓史     


24 491松田幸正 23 33前場伸介 22 497望月誠 21 239猪俣智影 



 スタート後、選手は各々の場所へと散らばっていきました。

 ナイトでの釣果は見られているため、夜明け前から朝マズメの時合に期待を寄せる選手も多く、開始早々皆さん真剣にキャストをされています。
 その時、一人の選手から電話が鳴りました!


会員No.480 早川由晃選手(1匹目)全長44.5cm/釣った時間5:35
ヒットルアー:COREMAN PB-20 デイグリーン
ロッド:エバーグリーン ゼファー・ソリッドソリューション83/リール:カルディア2506R/ライン:イカメタル0.4号/リーダー:シーガーグランドマックス2.5号


 最初の1匹目は地元伊勢湾アングラーの早川選手でした。
 地元の状況を熟知された選手の1匹に更なる2匹目の大きな期待が持てます。

 周りの状況を見てみると、岸際にはこの時期特有のマイクロベイトがちらほら見られます。このマイクロベイトパターンを攻略するのは果たしてどの選手なのでしょうか?




 しかし、その後シーバスのヒットコールはなく、早川選手の1匹のみで終了しました。(まとめ 藤原邦浩)




【1位No.480 早川由晃選手 大会レポート】


 最近の四日市一文字はナイトはそこそこ釣れていると聞いておりましたが、まだ時期的にイワシ等の接岸がなく、デイゲームでは厳しい状態と把握しておりましたので、私はこの時期特有のマイクロベイトを意識したルアーを中心に使って行こうと考えてました。
 また、当日は中潮で満潮が午前8時でもあったので、上げ潮がぶつかり複雑な流れができると思われる中提の真ん中階段辺りと決めて挑みました。
 当日は7番フライトで縁起の良いスタートとなり、中提の真ん中の階段から始めました。
 先発にチョイスしたルアーは、コアマンパワーヘッド4グラム+ミニカリ。これで堤防のキワ、ブレイクを探りましたが反応がなかったので、コアマンパワーブレード20にチェンジして、2投目にてブレイクの上のボトム辺りでヒットし、何度かエラ洗いされましたが、何とかキャッチ。極度の緊張感の中でのやり取りでしたが、無事にネットに入った瞬間は何とも言えない安堵感で一杯でした。
 その後も同じ方法や、ワームのダート釣法でやり続けましたが、反応はなく、ストップフィッシングとなり納竿。
 全体的にかなり渋い状況で、結果的にこの1本で優勝させていただくことができました。
 第2戦も表彰台に乗れるように技術向上に頑張ります。
 最後にお忙しい中、運営していただいた佐藤会長、参加選手の皆様ありがとうございました。(会員No.480 早川由晃)



【第一戦を終えて】
 今まで、選手で2年目から参加していて、その時は、魚を釣りあげることに集中して、持てる力を出し切っていました。
 大会の難しさ、緊張感、楽しさ、悔しさ。いろいろと一つの大会で教わりました。また、東京・大阪・伊勢と大会を各々の土地で楽しませてもらい、自分の中に非常に多くの思い出を作ることができました。
 今回からは、選手の皆様に思い出を残す立場で、大会を運営させていただきました。
 準備から大会、大会後まで皆様にお手伝いいただいて、事故もなく無事に大会を運営でき、本当に感謝しております。
 第1回ということでぎこちないこともあったと思いますが、次からもっとスムーズに出来るように、選手の皆様と一丸となって、盛り上がればなと思っております。また、次回もよろしくお願い致します。
(WSS伊勢湾会長 佐藤和繁)

<大会結果>
1位 No.480 早川由晃 44.5cm 50p
以下釣果なし(順位は会員No.の順)
2 022 杉本茂昭 3p
3 033 前場伸介 3p
4 150 中島昌利 3p
5 158 稲垣裕介 3p
6 184 藤原邦浩 3p
7 239 猪俣智彰 3p
8 315 山本祥之 3p
9 343 柳 直樹 3p
10 354 松下知行 3p
11 360 大岡清治 3p
12 371 小山哲生 3p
13 387 松本 太 3p
14 409 近藤正幸 3p
15 414 伊藤 靖 3p
16 445 清水聖弘 3p
17 479 山口貴弘 3p
18 491 松田幸正 3p
19 492 畑野真司 3p
20 495 山本敦也 3p
21 497 望月誠二 3p
22 501 村木貴巳 3p
23 513 有井直樹 3p
24 520 原田啓史 3p
(参加人数24名)
番外 審判 佐藤和繁 6p

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (225)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録