Chairman room
ラストイヤーに向けて!(05/10)
...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Report - ■伊勢湾シーバス技術交流会 四日市大会

ヘッダーナビゲーション

■伊勢湾シーバス技術交流会 四日市大会2013/05/26

山本祥之選手が3匹156cmで優勝!
大会名:2013伊勢湾シーバス技術交流会 四日市大会 第1戦
開催日:平成25年5月26日(日)
釣り場:三重県四日市一文字堤
集合場所:金山渡船(金山渡船HP
天候:気温18〜24℃
風:前半戦=北東の風又は南東の風微風、後半=東の風微風、風速1〜4m 
天候:晴 ▶津天気
潮汐:大潮 満潮6:00頃(230cm) 干潮12:30頃(-10cm)▶四日市
主催:伊勢湾シーバスソサエティー
会長:早川聡
運営委員:稲垣裕介、佐藤和繁、森田義崇
参加人数:39名
キーパーサイズ:45cm
時間:5時スタート、10時30分ストップフィッシング

 予定通り4時30分頃、開会のミ−ティングを終え 金山渡船さんに乗船して四日市一文字堤に渡してもらいスタートです。



 朝の抽選番号順に5人ずつ記念撮影してスタ−トです。






 朝一番新堤側から良い潮目が出来て来ました。
 ですが、試合開始1時間、釣れましたコ−ルは無く、時間が経過していきす。

 
 AM5時45分、ファ−ストコ−ルが私の携帯に入電。新堤へ計測に。今回4位入賞した平本選手でした。
 計測、58cmのナイスフイッシュ!

5時45分、平本祐一選手、コアマンIP-26で58cm。

 AM5時50分に、今回1位の山本選手から入電。計測45cmでした。

5時50分、山本祥之選手、コアマン・アルカリで45cm。

 しばらく釣れない状態が続きAM6時59分、伊勢選手から入電。計測49cmでした。

6時59分、伊勢和博選手、コアマン・IP-26で49cm。

 選手の中からの声が、最も多かった言葉が「喰いが浅くてバラシが多発しています」とのコメントが多かったです。
 AM7時までが3匹、AM8時までが4匹、AM9時までが4匹、AM10時までが2匹でした。
 後半戦は、旧堤がラッシユモード突入。釣れました入電が多発しました。
 ハードルアー7匹、ワーム7匹、ハイブリッドスイマー1匹。
 このような結果でした。


7時20分、山本祥之選手2匹目、パズデザイン・ディブル55キビナゴで54cm。


7時21分、佐藤和繁選手、コアマン・アルカリで48cm。


7時50分、琴浦淳次選手、コアマン・PB-20で49cm。


8時22分、山本祥之選手、パズデザイン・ディブル55銀粉キビナゴで3匹目、57cm。


8時35分、稲垣裕介選手1匹目、コアマン・アルカリで51.5cm。



8時42分、前場伸介選手、マドネス・バグリーテールで62cm。当日のビッグフィッシュ。参考重量は2.3kg。


8時59分、藤田博久選手、ハイブリッドスイマーにて51cm。


9時00分、濱口卓也選手、マーズ・R-32で50.5cm。


9時20分、高橋雅和選手、マドネス・シリテンバイブ53で52cm。


9時29分、稲垣裕介選手、コアマン・アルカリで2匹目、52.5cm。


9時36分、乗松寛明選手、エバーグリーン・アイアンマービーで49.5cm。


10時00分、近藤正幸選手、マーズ・ストライクミノーで53.5cm。


10時01分、堀内美香選手、マドネス・バグリーテールで49cm。



当日の外道はシュモクザメ。何人か食わせたが取り込みはできませんでした。

【まとめ】
 今回の大会のキーポイントは、ボトムをしっかりとってただ巻きが有効のパタ−ンでした。
 潮目が出来ないときはワームで攻め、潮目が出来たらハードルアーが良かったようです。
 まだまだベイトのサイズが小さいためコアマンのアルカリを使う選手が多かったように感じます。 
 ですが、ハ−ドルアーを使っていた選手の方が、大きいサイズのシ−バスをキャッチしていたような感じがします。


<結果>
会員番号 名前   成績cm  ポイント
1位 315 山本祥之 156(45、54、57)  50P
2位 158 稲垣裕介 104(51.5、52.5)  45P
3位 033 前場伸介 62(ビックフィシュ賞) 40P
4位 317 平本裕一 58   38P
5位 409 近藤正幸 53.5  36P
6位 403 高橋雅和 52   34P
7位 302 藤田博久 51   32P
8位 423 濱口卓也 50.5  30P
9位 200 乗松寛明 49.5  29P
10位 365 伊勢和博 49   28P
11位 320 琴浦淳次 49   27P
12位 384 堀内美香 49   26P
13位 179 佐藤和繁 48   25P
(同じ長さの場合は釣り上げた時間が早い選手が上位となります。14位以下38位まで3P)

 上位入賞者のタックルを紹介します。

<1位 山本祥之選手タックルデータ> ロッド:10.9f/リール:3000番 /ライン:シーガー完全シーバス0.6号/リーダー:シーガープレミアムMAX10lb/ルアー:1匹目=コアマンPH-02-9g+アルカリ、2匹目3匹目=パズデザイン・ディブル55銀粉キビナゴ

<2位 稲垣裕介選手タックルデータ> ロッド:EG・PZS-83/リール:2506番/ライン:PE0.4号/リーダー:シ−ガ−グランドMAX3号/ルアー:1匹目=ジグヘッド14g+アルカリ・沖堤イワシ、2匹目=ジグヘッド10g+アルカリ沖堤イワシ

<3位 前場伸介選手タックルデータ> ロッド:EG・PZS-88/リール:C3000番/ライン:ファイア−ラインEXT/リーダー:シ−ガ−2号/ルアー:コアマンPH02-9g+マドネス・バグリーテールガンガンサヨリ

<4位 平本裕一選手タックルデータ> ロッド:MWLS-962-PE/リール:2508番/ライン:シーガーPEバトルシーバス0.8号/リーダー:シーガープレミアムMAX16lb/ルアー:コアマンIP-26

<5位 近藤正幸選手タックルデータ> ロッド:EG・アバンギャルドGRT-88/リール:C3000番/ライン:シーガー完全シーバス0.6号/リーダー:シーガープレミアムMAX2.5号/ルアー:ストライクヘッド18g+ストライクミノー富津ベイト 



(レポート:早川聡 大会委員長)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (3916)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録