Chairman room
ラストイヤーに向けて!(05/10)
...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Report - ■東京湾シーバス技術交流会 葛西大会

ヘッダーナビゲーション

■東京湾シーバス技術交流会 葛西大会2013/04/14

石橋徹選手が旧江戸川尻を攻めて優勝!


大会名:2013東京湾シーバス技術交流会 葛西大会
開催日:平成25年4月14日(日)
釣り場:東京都江戸川区・葛西臨海公園とその付近▶葛西付近図
天候:気温11.8〜18.7℃、風速3.8〜11.3m、風向南西、曇り ▶天気図
潮汐:満潮6:30頃(179cm) 干潮13:00頃(20cm)▶芝浦
主催:東京湾シーバスソサエティー
会長:高谷友之
大会運営委員長:畑中誠

【東京湾シーバスソサエティー第1回大会開催】
 今年度よりWSSの体勢が変わり、東京湾シーバスソサエティーが発足。その第1回大会を葛西臨海公園〜旧江戸川河口左岸のエリアで開催しました。このエリアは東京湾でも最奥部になりますが、ちょうど流入河川が絡むエリアになりますので、シーバス釣りはほぼ1年中可能性があります。
 今回は大会で初めて使う釣り場で、沖堤とはまた違った難しさがありますので参加者は若干少ない結果となりました。また前日のプラでは一人7匹を釣っていた人があるものの、当日は前夜から10mを越える風が吹き、食いシブったことは確かですが、それでも今の時期の釣りとしては十分な成績を上げることができました。
 
【安全についての注意】
 朝4時から受付を開始し、4時半から選手ミーティングで注意点などを高谷会長、畑中大会委員長が説明します。

 今回新しくなったルールは「選手間相互審査」という方式です。釣った人は近くの選手に検量をしてもらい、写真を撮って、審査票に検量した人のサインをもらい、シーバスをリリースしてから本部に電話を入れます。魚をできるだけ痛めないようにリリースするための工夫です。
 安全についての注意説明が行なわれました。1)先行者優先。一般の釣り人の方の迷惑にならないように。 2)釣り人との距離はできる限り竿5本分以上あけること。3)自己責任で安全にくれぐれも注意。もし海にはまってしまった時にどうすればよいのかを考えておくこと。
 埋立地や自然海岸では沖堤とはまた違った安全への注意が必要です。高谷会長のアドバイスは重要でした。

 エリアは荒川左岸河口から旧江戸川左岸河口まで。出発場所から端まで歩いて40分以上かかる広いエリアです。うっすらと明るくなった午前5時全員で一斉スタート。参加者は19名、今年からの新メンバーが3名参加しています。


【釣果報告】
 それでは、結果を発表します。(お断り:審査集計データに一部確認漏れがありましたのでお詫び致します。)

 1匹目はバッシーさんこと石橋さんが、ディズニーランドの入口の前辺り、京葉線の鉄橋の30m下流に矢板が打ってある場所で釣りました。旧江戸川側に入った選手はここを通り過ぎて先を急いだため、遅れてやってきた石橋さんにちょうどポイントが空いていたことになります。それを見逃さない所が冴えている所だと思います。


釣り人:No.350石橋徹/サイズ:65cm/釣った時間:   /釣った場所:旧江戸川左岸・鉄橋の下/ヒットルアー:ジグヘッドワーム(MARSサンニーヘッド3.5g+SD-35銀粉富津ベイト)

コメント:場所は国道下流の矢板回り。バスを狙うようなアシと冠水植物の脇でした。浅いのと濁りがあったので、MARSサンニーヘッド3.5gにSD-35銀粉富津ベイトという、軽いジグヘッドにゴールド系ワームの組み合わせで、ショートトウィッチを入れた後のスローリトリーブに、ゴツンッと、おとなしめにバイトしてきました。ヒットしてからは、浅いのと、ストラクチャーに巻かれないようにと、なかなか手こずりました。全部で6本ヒットさせたのですが、ことごとくバラしたので、周りでヒットするたびに焦りました。ほとんど初めての旧江戸川でしたが、タフなコンディションにも関わらずシーバスの反応があり、ポテンシャルの高い場所だと思いました。憧れてたWSS技術交流会での優勝。まぐれと言われないように、これからも頑張ります!(タックルデータ=ロッド:AGS93ML、リール:LB2508SH、PEライン:X8 0.8号、リーダー:シーガープレミアムMAX16LB)


 河合選手は1年前にこの近くに引っ越し、最近はこの旧江戸川周辺がホームグランドになったそうです。今年は3月頃からよく釣れていましたが、ベイトの関係でしょうか、この時期もやはりゴム系が強かったようです。

釣り人:No.373 河合章利/サイズ:59cm/釣った時間:   /釣った場所:旧江戸川左岸・ヒルトン前/ヒットルアー:パワーヘッド12g+バグリーフィッシュ・佐川シークレット

コメント:前日のプラクティス釣行ではピックアップ間近の際でヒットしたのもあったということもあり、この日、7時半ごろはまだ潮位も高くいので際近くにも魚が付いているかもしれないと考えました。強風で、あまり長い距離を投げるよりも、ちょい投げで短い距離を引いてきたほうがラインが風の影響を受けにくいと考え、ちょっとづづ移動しながら、際から3〜4mの間を斜めに細かく探っていくと、足元の際でピックアップ直前でヒットしました。パワーヘッド12g&バグリーフィッシュの佐川シークレットでした。


 一昨年のA.O.Y.室井翔選手の弟、室井優希選手21才が今年から参加し、デビュー戦で1匹ゲットしました。

釣り人:No.436室井優希/サイズ:50cm/釣った時間:   /釣った場所:旧江戸川左岸・ヒルトン前/ヒットルアー:ジグヘッド14g+ワーム



【葛西公園で唯一ヒット】
 葛西臨海公園の方向へは6〜7人の選手が入りましたが、ディズニーランド前に比べるとさらに食いが渋かったようです。それでも西寿朗選手はは少ないチャンスを逃さずゲット。実績にこだわらず自分の釣りを貫いた結果でした。

釣り人:No.391西寿朗/サイズ:56cm/釣った時間:   /釣った場所:葛西臨海公園・中央部渚橋/ヒットルアー:静ヘッド10g+プルプルサーディン

コメント:スタートする直前までどのエリアに行くか迷っていましたが、対岸に行く選手の多さを見て葛西側でやることに決めました。開始から何もないまま(ニゴイのスレ掛かりのみ)、下げがききはじめた7時半頃 、葛西渚橋付近でてきた潮目に、静ヘッド10g+プルプルサーディンをアップクロスにキャストして、数投目にトゥイッチを入れた瞬間、ゴロタの切れ目付近で引ったくるような明確なバイトがでました、ファイトも強烈でゴロタにラインを擦らないように慎重にランディングしました。また、車に携帯電話を忘れてしまい、慌てていたときに近くで釣りをしていた西田さんに撮影承認を快くしていただき本当に感謝しています。最後に運営の方々、参加された皆さんありがとうございました。





釣り人:No.33前場伸介/サイズ:53cm/釣った時間:7時10分/釣った場所:旧江戸川左岸・ヒルトン前/ヒットルアー:バグリーテール





釣り人:No.276鈴木真人/サイズ:53cm/釣った時間:  /釣った場所:旧江戸川左岸・ヒルトン前/ヒットルアー:


 前日のプラでは同じ時間内で7匹を釣っていた室井翔選手は、この日はバイトはあるもののキャッチに至らず苦戦を強いられていましたが、やはりそこは自信の釣り場です、強風の中で午前9時に1匹キャッチしました。

釣り人:No.376室井翔/サイズ:49cm/釣った時間:9時/釣った場所:旧江戸川左岸・ヒルトン前/ヒットルアー:ジグヘッド+ワーム




【外道賞】

釣り人:高橋雅和/魚:キビレ40cm/釣った時間:9時44分/釣った場所:旧江戸川河口右岸の角から30mほど上流/ヒットルアー:メガバスX-80 SW/状況:タダ巻きでピックアップ時にヒットしました。


【表彰】


1位 石橋 徹 65cm(50p)
2位 河合章利 59cm(45p)
3位 西 寿朗 56cm(40p)
4位 前場伸介 53cm(38p)
5位 鈴木真人 53cm(36p)
6位 室井優希 50cm(34p)
7位 室井 翔 49cm(32p)以下参加者3P
ビッグフィッシュ・エバーグリーン賞 石橋徹(65cm)



大会委員長(畑やん)特別賞 
外道賞:高橋雅和(キビレ)
マナーアップ賞:チーム千葉(西田・中屋・池上)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (7663)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録