Chairman room
唯一無二について(10/10)
...続きを読む
Wangan-cafeへ
Infomation
Useful site
Members Only

Cleaning_seminar - 第21回WSS多摩川清掃報告

ヘッダーナビゲーション

第21回WSS多摩川清掃報告2017/06/04



 6月4日(日)「第39回多摩川美化活動」に参加してきました。清掃区間は、第三京浜多摩川橋〜ガス橋まで約6.2km。今回も多摩川流域の企業や団体、市民が丸子橋に集結し、湾岸シーバスソサエティーからは、金田知広さん、佐川洋介さん、猿渡靖智さん、定別當毅さん、石橋徹さんほか、前日の夜に参加のご連絡をいただいた前場伸介さん、そして開会式の最中に海帆孝次郎さんが駆けつけてくれました。

左から、石橋徹さん、前場伸介さん、定別當毅さん。


左から、猿渡靖智さん、海帆孝次郎さん、佐川洋介さん、金田知広さん。


開会式では、母なる川、多摩川を「綺麗に、汚さない、親しまれる川」とするとともに、河川愛護意識の高揚を図るという趣旨説明のほか、紙くずなどの「一般ゴミ」、「空き缶・ペットボトル」、「空きビン」などを分別して指定されたゴミ集積場所に置くことといった、清掃時の注意点などを確認。



開会式終了後、配布された軍手とゴミ袋を手に清掃スタート! 子供から大人まで、41の企業と団体が協力して一斉に各方面へと向かいます。


WSSメンバーは水辺の目利きたちばかりですので、堤防付近を中心に毎年ゴミ拾いをしていきます。後ろで、早速ゴミを拾う、佐川洋介さんと猿渡靖智さん。


少しでも川を綺麗にしたい、そんな思いで普通の人が見つけにくい水際のゴミを拾う、前場伸介さん。


金田知広さんと石橋徹さんは、誰も入らないような草むらの中で大量のゴミを発見!


釣り人として、日頃からお世話になっている水辺を綺麗にして恩返しする。水辺の植物や生き物たち、そして魚が快適に生息できる環境になってほしいという願いを込めて。


定別當毅さん、佐川洋介さん、猿渡靖智さん、海帆孝次郎さんは橋脚まわりに溜まっていたBBQゴミを一掃。


最後に臨時の集積場所にゴミを届けて、集合から2時間程度で清掃活動は終了しました。


釣り場の保全活動として、来年も参加させていただきたいと思っております。


参加賞として協賛メーカー様の素敵なアイテムを参加者へお配りしました。

コアマン様/ルアーボックス


マドネス様/バクリーフィッシュ86


ロンジン様/キックビート55mm 17g


マーズ様/シンパシー90


クロスウォーター様/爆岸バイブ セガレ


ラッキークラフト様/バリッド55



丸子橋の堰を眺めていたら、今年はサギの親子が飛んできました。川が楽しいのは人間だけではないですからね。多種多様な生物と共存するためにも、この素晴らしい清掃活動は続けていきたいと思っております。


「多摩川清掃」に参加された皆様、日曜日のお忙しい中、ご協力有難うございました。

(湾岸シーバスソサエティー 東京湾会長 高橋雅和)

このエントリーの情報

  • 閲覧数 (368)

トラックバックping送信用URLを取得する

このエントリーの記録